NY外為:リスクオン、ダウ一段高、米国務省が海外渡航勧告レベル4を解除

2020年08月07日 03時38分

NY外為市場ではリスク選好の動きが優勢となった。ドル・円は105円30銭の安値から105円59銭まで上昇した。ユーロ・円は124円67銭の安値から125円40銭まで上昇。

米国務省が世界のウイルスパンデミックの状況安定で、海外渡航勧告レベル4を解除を決定、航空会社や旅行社を支援する。また、米政権と民主党指導部による新型コロナウイルス追加経済対策法案を巡る交渉が難航、長期化する様相も見せている中、いずれ合意するとの期待に加えて、交渉が長期化してもトランプ大統領が大統領令を発動し、家賃未払いによる立ち退き猶予や失業給付金などに的を絞った法案や学生ローン返済猶予、給与税減税などで経済が助けられるとの期待も強まった。

米国株式相場は上げ幅を拡大。ダウ平均株価は121ドル高となった。米10年債利回りも0.50%から0.54%まで上昇。




<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
米大統領選の最終コーナー【フィスコ・コラム】
2020年09月27日 09時00分
来週の相場で注目すべき3つのポイント:マザーズIPO、米大統領選初討論..
2020年09月26日 18時52分
新興市場見通し:デジタル化推進機運などマザーズに追い風、IPOも好調維..
2020年09月26日 15時05分
国内株式市場見通し:日経平均は引き続き上値が重い展開に
2020年09月26日 14時29分
米国株式市場見通し:大統領選初討論会や雇用統計に注目
2020年09月26日 14時28分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン