今日の為替市場ポイント:米雇用情勢の段階的な改善期待でドル売り抑制も

2020年08月10日 07時33分

7日のドル・円は、東京市場では105円64銭から105円48銭まで下落。欧米市場でドルは105円56銭から106円05銭まで上昇し、105円92銭で取引終了。

本日10日のドル・円は、主に105円台後半で推移か。米雇用情勢の段階的な改善が期待されていることから、目先的にリスク回避的なドル売りは抑制される可能性がある。

報道によると、トランプ米大統領は8日、失業保険給付の上乗せ延長や一部を対象とした給与税の一時免除、家賃未払いに伴う立ち退き猶予の延長、学生ローン返済の減免措置に関する4つの大統領令に署名した。これに対して民主党のペロシ下院議長とシューマー上院院内総務は共同声明を発表し「トランプ大統領の政策発表は実行不能で弱く、範囲が狭い」との見解を表明している。トランプ大統領は民主党との協議を継続する意向を示しているが、協議は難航するとの見方が依然として多いようだ。

市場関係者の間からは「大統領令によって失業保険給付の上乗せ額は、これまでの週600ドルから週400ドルに減額されるが、失業者の生活支援に寄与するため、個人消費の大幅な落ち込みは回避される可能性がある」との声が聞かれている。株式市場はこの措置をある程度評価しても不思議ではないが、一部の市場関係者は「トランプ政権と議会の関係は改善していないため、米国における政治不安は高まる」と指摘している。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
NY外為:ドル買い一服、米追加財政策の合意期待が後退、下院議長が懐疑的..
2020年10月02日 00時22分
米9月ISM製造業景況指数は予想外の低下、ドル買い一服
2020年10月01日 23時21分
米新規失業保険申請件数3月来で最小、8月コアPCE上昇でドル高
2020年10月01日 22時34分
欧州為替:ドル・円は伸び悩み、ユーロ・円は一段高
2020年10月01日 20時21分
欧州為替:ドル・円は変わらず、リスク選好のドル売り
2020年10月01日 20時20分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン