今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク回避的なユーロ売り・円買い拡大の可能性低い

2020年08月10日 07時57分

ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ諸国の財政統合への期待や企業景況感は改善傾向にあることから、リスク回避的なユーロ売り・円買いがすみやかに拡大する可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・欧州諸国におけるウイルス感染者の増加
・欧州経済のすみやかな回復は期待薄との見方
・米中関係の悪化

【ユーロ買い要因】
・企業景況感の改善傾向
・欧州復興基金への期待
・ウイルス感染拡大の抑制



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
NY外為:ドル買い一服、米追加財政策の合意期待が後退、下院議長が懐疑的..
2020年10月02日 00時22分
米9月ISM製造業景況指数は予想外の低下、ドル買い一服
2020年10月01日 23時21分
米新規失業保険申請件数3月来で最小、8月コアPCE上昇でドル高
2020年10月01日 22時34分
欧州為替:ドル・円は伸び悩み、ユーロ・円は一段高
2020年10月01日 20時21分
欧州為替:ドル・円は変わらず、リスク選好のドル売り
2020年10月01日 20時20分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン