東京為替:ドル・円は105円70銭台で推移、中国関連の経済指標は予想をやや上回る

2020年08月10日 10時39分

10日午前の東京市場でドル・円は、105円70銭台で推移。さきほど発表された中国の7月消費者物価指数と生産者物価指数はいずれも市場予想をやや上回った。中国におけるインフレ鈍化の懸念は多少緩和されており、リスク回避的なドル売り・円買いにつながる可能性は低いとみられている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円73銭から105円96銭、ユーロ・ドルは1.1774ドルから1.1795ドル、ユーロ・円は124円67銭から124円92銭。

■今後のポイント
・米国などにおけるウイルス感染拡大を懸念
・米中対立の長期化懸念
・米雇用情勢のさらなる改善は期待薄との見方

・NY原油先物(時間外取引):高値41.70ドル 安値41.17ドル 直近値41.59ドル



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
東証業種別ランキング:電気機器が上昇率トップ
2020年09月29日 17時02分
東京為替:ドル・円は切り返し、円売りで一時105円70銭台 __NEW..
2020年09月29日 17時00分
需給要因の影響が大きいとみられるが、もち合いレンジの上限レベルを捉える..
2020年09月29日 16時12分
東京為替:ドル・円は小じっかり、欧米株高観測で円売り
2020年09月29日 16時08分
大阪金概況:上昇、米大統領候補の討論会控え上値追いには慎重
2020年09月29日 16時05分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン