ヒノキヤGの第2四半期営業利益は33%増で着地

2020年08月11日 17時25分

 ヒノキヤグループ<1413.T>が11日の取引終了後に発表した第2四半期累計(1~6月)連結決算は、営業利益12億800万円(前年同期比32.8%増)、純利益3億9600万円(同55.7%増)だった。

 主力の住宅事業で、消費税増税の反動減により注文住宅の販売棟数及び金額がともに前年同期を下回ったことが響き、売上高は475億5500万円(同4.6%減)となった。ただ、利益面では期初から取り組んだ広告宣伝費などの販管費削減効果に加えて、緊急事態宣言に伴い事業活動の一部を制限したことによる人件費の減少などが利益拡大に貢献した。

 なお、20年12月期通期の業績予想は、売上高1240億円(前期比5.4%増)、営業利益68億円(同8.5%増)、純利益35億円(同48.3%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
11日中国・上海総合指数=終値3340.2900(-38.9624)
11日韓国・KOSPI=終値2418.67(+32.29)
<個人投資家の予想> 08月11日 16時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
JIAが10月8日付で東証1部へ市場変更
2020年10月01日 16時02分
メドレックス、CPN-101を包含する経皮吸収組成物に関し欧州特許査定..
2020年10月01日 15時59分
サンデーの8月中間期営業利益は3.7倍
2020年10月01日 15時58分
アヲハタの第3四半期営業利益は73%増
2020年10月01日 15時57分
フジの8月中間期業績は計画上振れで着地
2020年10月01日 15時55分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン