欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い展開か、米緩和の長期化観測がドル買いを抑制

2020年09月18日 17時37分

18日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。重要イベント通過に伴いリスク回避の円買いは後退し、底堅いクロス円に追随する見通し。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和長期化への思惑は、ドル買いを抑制しそうだ。

今週予定されていた米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀金融政策決定会合、英中銀金融政策委員会(MPC)など主要中銀の政策発表など重要イベントが通過。ほぼ市場の予想通りの内容となったことから、リスク回避的な円買いは後退しつつある。前日の取引ではポンド・円が大きく売られる場面もあったが、クロス円はおおむね上昇基調に振れた。

本日アジア市場でもその地合いが受け継がれ、主要通貨は全般的に対円で底堅い値動きに。ドル・円は7月末の安値104円19銭が一時意識されたが、クロス円に追随し105円回復を目指す。

この後の海外市場でも、イベント通過で円買いは後退する見通し。長期金利や原油価格の回復は円売りを支援し、主要通貨を小幅に押し上げそうだ。一方、トランプ米大統領は17日のウィスコンシン州での集会で、新たに130億ドル規模の農業補助金を支給する考えを示した。

前日発表された経済指標で新規失業保険申請件数は予想よりも悪化し、株安を受けドル売りに振れた。今晩はトランプ政権の農業支援で株価が持ち直せば、ドルは下げづらい。ただ、FRBによる実質ゼロ金利の長期化が見込まれるなか、ドルの戻りは限定的となろう。


【今日の欧米市場の予定】
・17:00 ユーロ圏・7月経常収支(6月:+207億ユーロ)
・21:30 米・4-6月期経常収支(予想:-1600億ドル、1-3月期:-1042億ドル)
・21:30 カナダ・7月小売売上高(前月比予想:+1.0%、6月:+23.7%)
・23:00 米・9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:75.0、8月:74.1)
・23:00 米・8月景気先行指数(前月比予想:+1.3%、7月:+1.4%)
・23:00 ブラード米セントルイス連銀総裁オンライン討論会参加
・01:00 ボスティック米アトランタ連銀総裁オンライン討論会参加





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
マザーズ先物概況:続落、リバウンド狙いの投げで下げ拡大
2020年10月26日 16時15分
東京為替:ドル・円はじり高、欧州通貨売り再開で
2020年10月26日 16時13分
保守的な計画を修正してくる流れにおいては見直しの動き【クロージング】
2020年10月26日 16時05分
大阪金概況:下落、手掛かり材料乏しく様子見ムード強まる
2020年10月26日 16時05分
日経VI:上昇、米大統領選の不透明感などから市場心理やや悪化
2020年10月26日 16時00分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン
  • まーくんさんがJR東日本の銘柄についてコメントしました。
    フラグ立てすぎた。 (18分前)
  • まっちゃんさんが東 芝の銘柄についてコメントしました。
    間違い購入 売り (21分前)
  • PPantsさんがエスケイの銘柄についてコメントしました。
    どこまで行くんや・・・ (約1時間前)
  • まーくんさんが井村屋Gの銘柄についてコメントしました。
    そうだね〜 (約1時間前)
  • まーくんさんがJR東日本の銘柄についてコメントしました。
    下がりませんでした〜ハイ死 んだ〜。゚(゚´ω`゚)゚。 (約1時間前)
  • もっと見る