JCRファは反落、ハンター症候群治療酵素製剤がオーファンドラッグに指定も反応限定的

2020年09月23日 10時30分

 JCRファーマ<4552.T>は反落している。18日の取引終了後、同社の血液脳関門通過技術「J-Brain Cargo」を適用したムコ多糖症2型(ハンター症候群)治療酵素製剤「パビナフスプ アルファ(遺伝子組み換え)」に関して、厚生労働省から希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)に指定されたと発表したが、市場の反応は限定的のようだ。なお、同剤は18年10月に米国で、19年2月に欧州で希少疾病用医薬品に指定されており、今年9月中に日本での製造販売承認申請を予定している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アイドマMCは大幅4日続落、未定としていた中間配当は4円50銭減配へ
東エレクは5日続伸、欧米株波乱もSOX指数横目に調整一巡感
テクマトが5日続伸、未定としていた中間配当は実質増額へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
信用残ランキング【売り残増加】 東電HD、三菱UFJ、マネックスG
2021年01月24日 08時15分
信用残ランキング【買い残増加】 三菱UFJ、野村、ルネサス
2021年01月24日 08時10分
信用残ランキング【売り残減少】 三菱自、JFE、神戸鋼
2021年01月24日 08時05分
信用残ランキング【買い残減少】 SBG、ケネディクス、ZHD
2021年01月24日 08時00分
週間ランキング【値上がり率】 (1月22日)
2021年01月23日 08時30分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン