ソフトブレーン Research Memo(8):TOBが成立することを前提に、2020年12月期は無配とする予定

2020年09月24日 16時08分

■株主還元策について

ソフトブレーン<4779>は株主への利益還元を最重要経営課題の1つとして捉え、収益状況に合わせた安定配当を継続してきたが、2020年12月期については無配とする方針を決定した。2020年8月14日付で投資ファンドのシー・ファイブ・エイト・ホールディングスが同社株式の公開買付け(以下、TOB)を実施することを発表しており、TOBが成立することが前提となっている。筆頭株主であるスカラが2020年9月に開催する株主総会において、TOBに関する議案が可決されれば、TOBは成立する可能性が高い。TOBは2020年9月29日から11月10日までの予定で、1株871円の公開買付価格としている。TOB成立後、会社法上の手続きが完了すれば、同社株式は上場廃止となる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
京セラ---急落、7-9月期も大幅減益基調が続く形に
2020年10月30日 13時02分
TOKAIホールディングス---2Q減収なるも、継続取引顧客件数は順調..
2020年10月30日 12時44分
【M&A速報:2020/10/30(1)】三菱重工、デンマークのヴェス..
2020年10月30日 12時40分
日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は5日続落、京セラが1..
2020年10月30日 12時40分
エヌ・シー・エヌ---2021年3月期第2四半期連結業績予想と通期連結..
2020年10月30日 12時35分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
後場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン