マザーズ指数は小反落、バイオ株の一角が高い 値上がり率トップはピースリー

2020年09月30日 17時30分

 本日のマザーズ指数は、米国市場は軟調な推移となったもののマザーズ先物のナイトセッションが堅調に推移したことで、小幅続伸でスタートした。寄り付き直後は、法務省がデジタル化関連に141億円の概算要求を行い、今後、各省庁も同様の動きをすることが予想されることで、行政のデジタル化関連銘柄が底堅く推移し相場を下支えしていた。しかし、その後は、AIinside<4488>が急落するなど、時価総額上位の銘柄が相場の重しとなり指数はマイナスに転じた後、年初来高値を更新するなど方向感の無い値動きを繰り返した。後場に入り時価総額上位のフリー<4478>やメルカリ<4385>が堅調な推移で相場を下支えしたものの、マザーズ指数は小反落で本日の取引を終了した。なお、時価総額上位のサンバイオ<4592>などバイオ株の一角は終日強含みとなった。
 マザーズ指数は小反落、売買代金は概算で2060.84億円。騰落数は、値上がり104銘柄、値下がり214銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、20年12月通期予想で営業利益を84億円から77億円に下方修正を発表したJIA<7172>は悪材料の出尽くし感から5%を超える上昇となった。また、F351の第2相臨床試験結果が肝線維症患者にとって安全かつ効果的と発表したジーエヌアイグループ<2160>は15%を超える上昇となった。そのほか、イオレ<2334>、バーチャレク<6193>、ログリー<6579>が高い。一方、第13回及び14回の新株予約権で19.44億円の調達を発表したデータセクション<3905>は9%を超える下げとなった。また、投資有価証券の売却益3.25億円を計上したマネーフォワード<3994>は材料の出尽くし感から3%を超える下げとなった。そのほか、rakumo<4060>、スペースマーケット<4487>、トレンダーズ<6069>が安い。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は3日ぶり反発、期待銘柄に押し目買い、IPOビジョナル初値..
2021年04月22日 16時37分
マザーズ指数は大幅続落、リスクオフムードで投資家心理は急速悪化、値下が..
2021年04月21日 16時48分
マザーズ指数は3日ぶり反落、物色意欲の根強さも、直近IPO銘柄賑わう
2021年04月20日 16時08分
マザーズ指数は小幅続伸、直近IPO銘柄中心の物色にとどまる
2021年04月19日 15時57分
マザーズ指数は反発、終値1250pt乗せ、IPOサイバートラスト初値4..
2021年04月16日 16時28分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン
  • ながれみずさんがビジョンの銘柄についてコメントしました。
    買い (約5時間前)
  • みなちさんがマルマエの銘柄についてコメントしました。
    買い (約6時間前)
  • KJTさんが楽天Gの銘柄についてコメントしました。
    ん? (約6時間前)
  • じぇど。さんがコロプラの銘柄についてコメントしました。
    まだまだ下がるやろ (約7時間前)
  • コウエイさんがANAの銘柄についてコメントしました。
    遅きに逸したかもだけど逆 波 に挑戦 (約8時間前)
  • もっと見る