NY金:反発で1916.30ドル、9月ISM製造業景況指数は予想を下回る

2020年10月02日 07時31分

NY金先物12月限は反発(COMEX金12月限終値:1916.30 ↑20.80)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、前営業日比+20.80ドルの1オンス=1916.30ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは、1890.00ドル−1917.90ドル。1日のアジア市場で1890.00ドルまで下げたが、その後反転。ニューヨーク市場の中盤にかけて1917.90ドルまで買われた。9月ISM製造業景況指数は市場予想をやや下回ったことや、米長期金利の上げ渋りを意識して金先物はやや強い動きを見せている。

<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
後場に注目すべき3つのポイント~「買い」も「売り」も手仕舞い
2020年10月30日 12時45分
注目銘柄ダイジェスト(前場):島忠、エフアンドエム、アドバンテスなど
2020年10月30日 12時14分
東京為替:ドル・円は弱含み、ユーロ・ドルの買戻しで
2020年10月30日 12時05分
東京為替:1ドル104円40銭台、日経平均は続落、3次補正は経済次第
2020年10月30日 12時00分
東京為替:株安継続でドル反落の可能性残る
2020年10月30日 11時53分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
後場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン