個別銘柄戦略:アシックスやイオンモールに注目

2020年10月08日 09時20分

7日の米国市場では、NYダウが530.70ドル高の28303.46、ナスダック総合指数が210.00pt高の11364.60と急伸し、シカゴ日経225先物は大阪日中比85円高の23495と堅調だった。8日早朝の為替は1ドル=105円90-00銭(昨日大引け時は105.74円付近)。本日の東京市場では、米国株急伸と1ドル=106円前後の円安を強材料にソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、トヨタ<7203>といった米国株と連動性の高い銘柄を中心に買いが先行し、米10年債利回りの上昇で三菱UFJ<8306>、東京海上<8766>といった大手金融株も運用利回り改善期待で強含みの展開となろう。米航空株高を追い風にJAL<9201>、ANA<
9202>もしっかりの展開が期待できよう。新興株では昨日年初来高値を取ったCYBERDYNE<7779>のほか、BASE<4477>、メルカリ<4385>といった主力銘柄の活況が続こう。反面、政府による料金引き下げ論議の具体化からNTT<9432>、KDDI<9433>、ソフトバンク
<9434>には引き続き売り圧力が強そうだ。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたスシローGHD<3563>、ヒロセ電機<6806>、アシックス<7936>、イオンモール<8905>、郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
欧州為替:ドル・円は小じっかり、米長期金利の持ち直しで
2020年12月01日 20時11分
欧州為替:ドル・円は下げ渋り、ユーロ・ドルは上値が重い
2020年12月01日 19時18分
欧州為替:ドル・円は下げ渋り、ユーロ・ドルにらみ
2020年12月01日 18時21分
日経平均テクニカル:大幅反発、ローソク足陽線で上昇圧力確認
2020年12月01日 18時15分
1日の日本国債市場概況:債券先物は152円10銭で終了
2020年12月01日 17時45分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン