個別銘柄戦略:スズキやニトリHDに注目

2020年10月12日 09時15分

先週末9日の米国市場では、NYダウが161.39ドル高の28586.90、ナスダック総合指数が158.96pt高の11579.94と上伸し、シカゴ日経225先物が大阪日中比10円安の23560と小幅安。週明け12日早朝の為替は1ドル=105円70-80銭(先週末大引け時は105.90円付近)。本日の東京市場では、米ナスダック高になびいてアドバンテスト<6857>、ローム<6963>、京セラ<6971>など電子部品株の堅調が予想され、キーエンス<6861>、SMC<6273>といった設備投資関連の主力銘柄にも買いが入ろう。反面、携帯料金引き下げを悪材料にNTT<9432>、KDDI<9433>を売り直す動きが予想され、JR東海<9022>、JAL<9201>をはじめとする「Go To トラベル」関連銘柄も下落しよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたMonotaRO<3064>、リンナイ<5947>、スズキ<7269>、東急<9005>、ニトリHD<9843>などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
今日の為替市場ポイント:米雇用統計発表前でリスク選好的な円売り抑制も
2020年12月04日 08時23分
マザーズ先物見通し:反発、クラウド、医療データ関連が下支え期待
2020年12月04日 08時12分
3日の米国市場ダイジェスト:NYダウ85ドル高、雇用関連指標の改善を好..
2020年12月04日 08時02分
大阪金見通し:上昇か、ドル相場下落を反映へ
2020年12月04日 07時45分
NY原油:強含みで45.64ドル、OPECプラスは小規模な生産引き上げ..
2020年12月04日 07時33分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン