日経平均は続落、米経済対策に不透明感

2020年10月12日 15時55分

日経平均は続落。9日の米国市場でNYダウは3日続伸し、161ドル高となった。追加経済対策を巡る協議を前に、政権側が野党・民主党に譲歩案を提出すると伝わり、合意への期待が高まった。ただ、協議に進展はなかったことから、週明けの東京市場ではこうした期待が後退。日経平均は30円安からスタートすると、マイナス圏でもみ合う展開となった。後場の寄り付き直後には23501.26円(前週末比118.43円安)まで下落する場面もあったが、全般に様子見ムードが強く、日中の上下の値幅は96円あまりにとどまった。

大引けの日経平均は前週末比61.00円安の23558.69円となった。東証1部の売買高は8億5007万株、売買代金は1兆7455億円と8月27日以来の低水準だった。業種別では、ゴム製品、倉庫・運輸関連業、海運業が下落率上位だった。一方、空運業、水産・農林業、情報・通信業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の59%、対して値上がり銘柄は37%となった。

個別では、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>などが軟調で、ファーストリテ<9983>は小幅に下げた。前週末に決算発表した安川電<6506>は受注減少基調や減配が嫌気されて5%超の下落。カーブスHD<7085>や吉野家HD<9861>、オンワードHD<8016>も急落した。また、ハイアス<6192>などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、売買代金トップのソフトバンクG<9984>は2%超の上昇。前週末の米国市場でハイテク株が買われた流れを引き継ぎ、エムスリー<2413>やレーザーテック<6920>も堅調ぶりが目立った。ビックカメラ<3048>は今期2ケタ増益見通しが好感されて急伸。中小型株では引き続きチェンジ<3962>やブイキューブ<3681>が賑わった。また、ライク<2462>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は小幅に3日続伸、ワクチン期待も一進一退
2020年12月03日 15時54分
日経平均は小幅続伸、ワクチン実用化期待と高値警戒感が拮抗
2020年12月02日 15時50分
日経平均は反発、ワクチン期待などで再びバブル後高値
2020年12月01日 16時01分
日経平均は5日ぶり反落、過熱感から朝高後に失速
2020年11月30日 16時15分
日経平均は4日続伸、リバランス需要期待が支え、連日のバブル後高値
2020年11月27日 15時54分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン
  • mazukaさんがトヨタの銘柄についてコメントしました。
    EVのニュース出たけど大丈夫かね?長期投資で買うならEV分野... (約1時間前)
  • tmk*さんがアサヒHDの銘柄についてコメントしました。
    上がるかな?(✯ᴗ✯) (約2時間前)
  • なおやさんがトヨタの銘柄についてコメントしました。
    今日トレダビ始めたんですけど、トヨタは買いですよね? (約2時間前)
  • awhfeさんがローランドDGの銘柄についてコメントしました。
    . (約2時間前)
  • kinkinさんが日産自の銘柄についてコメントしました。
    ok (約2時間前)
  • もっと見る