マザーズ指数は続落、達成感と週末要因で売り継続、グッドパッチなどストップ高

2020年10月16日 16時51分

 本日のマザーズ市場では、前日に続き利益確定の売りが優勢となった。一昨日にマザーズ指数が2018年1月高値(1367.86pt、取引時間中)を上回ったことによる達成感に週末要因も加わって、このところ賑わっていたインターネット・IT関連株を中心に手仕舞いの動きが広がった。一方、前日は6-8月期決算発表の最終盤で、好業績銘柄を中心に買いが入った。なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で2775.57億円。騰落数は、値上がり61銘柄、値下がり262銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、時価総額上位の弁護士コム<6027>などが下落し、メルカリ<4385>やラクス<3923>は小安い。売買代金上位ではBASE<4477>が続落したほか、マクアケ<4479>やロコンド<3558>の下げが目立った。また、直近賑わっていたGMO−FG<4051>が一転ストップ安水準まで売られたほか、決算が嫌気されたBエンジニア<7352>やロゼッタ<6182>もストップ安を付けた。一方、時価総額上位ではフリー<4478>、売買代金上位では農業総合研究所<3541>やアンジェス<4563>が上昇。決算発表銘柄ではTKP<
3479>などが買われ、グッドパッチ<7351>やビザスク<4490>はストップ高水準まで急伸。SERIOHD<6567>とバリュエンス<9270>は買い気配のままストップ高比例配分となった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は続落、売り一巡後は買い戻しも、フリーなどは堅調
2020年12月04日 16時33分
マザーズ指数は6日ぶり反落、ワクチン期待で景気敏感株シフト、エヌピーシ..
2020年12月03日 16時32分
マザーズ指数は続伸、バイオ株の一角が上昇、値上がり率トップはアーキテク..
2020年12月02日 17時48分
マザーズ指数は4日続伸、新興株に物色向く、AIinsideなど急伸
2020年12月01日 16時50分
マザーズ指数は3日続伸、主力処が強い値動き
2020年11月30日 16時13分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン