後場の日経平均は135円安でスタート、ソフトバンクGや任天堂などが安い

2020年10月20日 13時00分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23535.80;-135.33TOPIX;1626.49;-11.49

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比135.33円安の23535.80円と前引から下げ幅を拡大して取引を開始した。ランチタイム中の225先物は若干下げ幅を拡大。アジア市場は高安まちまち。為替は1ドル=105円50銭近辺と朝方より若干円安で推移。午前の日経平均は米国市場が大幅安したことや欧米で新型コロナの感染拡大が報じられていることから、投資心理が悪化し、反落でスタートした。寄り付き後、一時はプラスに転じる場面があったものの、その後は寄り付き付近まで押し戻される方向感の無い展開が続き、小幅安で午前の取引を終了した。なお、午前のTOPIXの下落率が0.39%安であり節目の0.5%を下回っていないことから、後場は日銀のETF買いは望み薄となるようだ。後場の日経平均は前場終値より下げ幅を拡大して取引を開始し、その後は若干下げ幅を縮小して推移している。

 セクター別では、鉱業、陸運業、パルプ・紙、水産・農林業などが下落率上位となっており、一方、小売業、電気機器、ガラス・土石製品が上昇率上位となっている。
東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテイリング<9983>、JR東<9020>、NTT<9432>が安く、ソニー<6758>、良品計画<7453>、ブイキューブ<3681>、東京エレクトロン<8035>、キーエンス<6861>が高い。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「後場の寄り付き概況」 のニュース一覧
後場の日経平均は118円安でスタート、東エレクやエムスリーなどが安い
2020年12月04日 13時11分
後場の日経平均は59円高でスタート、ソフトバンクGやトヨタなどが高い
2020年12月03日 13時04分
後場の日経平均は11円高でスタート、トヨタや東エレクなどが高い
2020年12月02日 13時07分
後場の日経平均は413円高でスタート、ファーストリテやソニーなどが上昇
2020年12月01日 13時07分
後場の日経平均は49円安でスタート、KDDIやアステラス製薬などが安い
2020年11月30日 13時29分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン
  • エラーさんが昭電工の銘柄についてコメントしました。
    10末1732が底。先週は2000で跳ね返されたが 1900... (14分前)
  • やっくんさんがノジマの銘柄についてコメントしました。
    コロナの後は、リア充で。 (44分前)
  • reopinさんがグッドパチの銘柄についてコメントしました。
    とりあえず (約1時間前)
  • ながれみずさんが任天堂の銘柄についてコメントしました。
    売り (約1時間前)
  • やちやちさんがガスETFの銘柄についてコメントしました。
    hello (約2時間前)
  • もっと見る