PALTEKが後場S高カイ気配、世界最小組み込みFPGAエッジコンピューティング販売へ

2020年10月20日 13時15分

 PALTEK<7587.T>は、午後1時過ぎに買いが殺到し、ストップ高の625円水準でカイ気配となっている。午後1時ごろ、米ザイリンクス社SoC(システム・オン・チップ)「MPSoC」搭載の世界最小の組み込みFPGAエッジコンピューティング「So-Oneモジュール」の販売を開始すると発表しており、これが好感されている。

 同社によると、「So-Oneモジュール」を活用することで、5Gの普及により必要とされる高速演算処理が可能なエッジコンピューティングを、エッジ側のさまざまな情報機器端末に実装することが可能になり、店舗などでの監視カメラや製造現場でラインセンサカメラなどでのエッジコンピューティングの高速化が可能になるほか、人工知能(AI)による病巣の診断補助や工場施設でのセンサデータ解析、ビジョンセンサを活用した産業用ロボットでの映像解析の高速化などができるようになるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
バルクHDは一時10%近く上昇、子会社がサイバーセキュリティー分野で業務提携
不二硝子がS高、ユニセフの注射器10億本備蓄で思惑


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
フォーカスが続伸、SAP関連ビジネスに本格参入
2020年12月02日 11時21分
ファルコHDが続伸、「MSI検査キット(FALCO)」が新たな使用目的..
2020年12月02日 11時04分
コマツが10カ月半ぶり新高値、信用売り長で買い戻し誘発
2020年12月02日 11時00分
ジンズメイトは3日続落、21年3月期予想は最終赤字拡大へ
2020年12月02日 10時56分
丸文が大幅高、欧州の医療機器ベンチャーが手掛ける電子聴診器を販売へ
2020年12月02日 10時46分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
休憩中
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン