マザーズ指数は反落、巣籠り関連やデジタル行政関連が弱い 値上がり率トップはタスキ

2020年10月21日 16時55分

 本日のマザーズ指数は、米国市場が反発したことやナイトセッションが堅調な取引で終了した流れを引き継ぎ続伸でスタートした。しかし、寄り付き後は、メルカリ<4385>などの時価総額上位の銘柄が下落したことが相場の重しとなり、マザーズ指数はマイナスに下落し、その後、16.84pt高まで切り返すなど方向感の無い値動きとなった。
後場に入り、時価総額上位の弁護士ドットコム<6027>やフリー<4478>が値を消したことが重しとなり、マザーズ指数は再びマイナスに転じて、安値圏で引けとなった。なお、サイバーダイン<7779>やマネーフォワード<3994>など時価総額上位の一角が上昇したことで、指数の下げ幅が限定的になったようだ。マザーズ指数は反落、売買代金は概算で2802.49億円。騰落数は、値上がり159銘柄、値下がり158銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、クラウドファンディングサイト「タスキFunds」の開始を発表したタスキ
<2987>は16%を超える上昇となった。また、台湾当局からHAL医療用下肢タイプが医療機器の承認を取得したサイバーダインはストップ高となった。そのほか、エコモット<
3987>、バリュエンス<9270>、イトクロ<6049>が高い。一方、日々公表銘柄に指定されたグッドパッチ<7351>は需給悪化を嫌気され12%を超える下落となった。また、東証や日証金より増し担保措置を受けたGMOフィナンシャルゲート<4051>は流動性低下を警戒して8%を超える下落となった。そのほか、GNI<2160>、アンジェス<4563>、シノプス<4428>が安い。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は続落、売り一巡後は買い戻しも、フリーなどは堅調
2020年12月04日 16時33分
マザーズ指数は6日ぶり反落、ワクチン期待で景気敏感株シフト、エヌピーシ..
2020年12月03日 16時32分
マザーズ指数は続伸、バイオ株の一角が上昇、値上がり率トップはアーキテク..
2020年12月02日 17時48分
マザーズ指数は4日続伸、新興株に物色向く、AIinsideなど急伸
2020年12月01日 16時50分
マザーズ指数は3日続伸、主力処が強い値動き
2020年11月30日 16時13分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン