日経平均は13円安、円安・ドル高など株価下支え要因に

2020年10月26日 14時22分

日経平均は13円安(14時20分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>、中外薬<4519>などがマイナス寄与上位となっており、ソフトバンクGが1銘柄で34円程押し下げている。一方、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>、ソニー<6758>などがプラス寄与上位となっており、ファーストリテが1銘柄で31円程押し上げている。セクターでは、サービス業、証券商品先物、鉄鋼、情報・通信業、機械が値下がり率上位、電気機器、非鉄金属、建設業、繊維製品、倉庫運輸関連が値上がり率上位となっている。

東京株式市場はマイナス圏でやや下げ渋っている。外為市場で1ドル=104円90銭前後と朝方に比べ20銭ほど円安・ドル高に振れていることなどが株価下支え要因となっているようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
29日の日本国債市場概況:債券先物は152円32銭で終了
2021年07月29日 17時40分
欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米FRBは非タカ派も正常化に..
2021年07月29日 17時25分
東京為替:ドル・円は下げ渋り、アジア株反発で円売りも
2021年07月29日 17時06分
東京為替:ドル・円は下げ渋り、米金利の低下一服で
2021年07月29日 16時13分
マザーズ先物概況:反発、メルカリが下支え、陽線で5日線手前まで上昇
2021年07月29日 16時09分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン
PR