前場に注目すべき3つのポイント~米株先物の動向を睨みながらの展開に

2020年10月28日 08時54分

28日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:米株先物の動向を睨みながらの展開に
■信越化、2Q営業利益12.5%減 1843億円、通期3770億円見込む
■前場の注目材料:昭和電工、コンビナート情報統合、日立のIoT基盤活用


■米株先物の動向を睨みながらの展開に

28日の日本株市場は、重要イベントを控えて商いが膨らみづらい状況のなかで、先物に振らされやすい相場展開になりそうだ。27日の米国市場はNYダウが220ドル超の下落となる一方でナスダックは上昇。10月消費者信頼感指数が、前月からの上昇予想に反して低下したほか、フランスで新型コロナ感染死者数が4月以来の高水準に達するなど感染拡大への警戒、さらに追加経済対策への期待も後退していることが下げにつながったようだ。一方で、ハイテク株はAMDが同業のザイリンクスを350億ドルで買収すると発表が材料視されていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比85円安の23405円。円相場は1ドル104円40銭台で推移している。

米国ではペンシルベニア州でナイフを所持していた黒人男性が警察官から撃たれ死亡する事件が発生し、抗議活動に発展している。大統領選の激戦区であることから来週に控えている米大統領選への不透明要因になりそうである。大統領選前での追加経済対策の合意はなさそうであり、引き続き不安定な相場環境に中において商いは膨らみづらく、昨日同様、先物主導で振らされやすい需給状況であろう。グローベックスの米株先物の動向を睨みながらの展開になりそうであるが、短期的な売買が中心であることから急激な値動きに対しては、その後の買い戻し等を意識した押し目狙いになりそうだ。

日経平均は23500円を下回っているが、テクニカル面では一目均衡表の雲上限に接近してきており、これが支持線として意識される。昨日は23230円辺りまで急落していたが、再びこの水準が意識されてくるかは見極めたいところ。物色の流れは大きくポジションを取りづらいなかで決算を手掛かりとした日替わり的な売買が中心になりそうである。ただし、決算評価も機関投資家は積極的に動いていないと考えられ、短期のヘッジファンドや個人主体と考えられるため、上値追いは慎重になりやすいところでもある。

そのほか、昨日はマザーズの上昇が話題となっていたが、昨日リバウンドをみせていた銘柄への物色が継続するかによってセンチメントに大きく影響を与えることになりそうだ。米国市場の不安定な流れから利食い先行となろうが、売り一巡後の中小型株の出直りが強まるかが注目されるところであろう。また、足元での決算では保守的な見通しを上方修正してくる流れが目立っている。その中で期待先行で上昇していた銘柄の据え置き等は利益確定の売りが強まるきっかけになる可能性があるため、相対的に弱含みで推移していた銘柄へのアク抜け期待の物色にも向かわせやすいだろう。


■信越化、2Q営業利益12.5%減 1843億円、通期3770億円見込む

信越化<4063>が発表した第2四半期決算は、売上高が前年同期比9.7%減の7105.26億円、営業利益は同12.5%減の1843.17億円だった。コンセンサス(1890億円程度)を若干下回るが想定線。また、未定としていた2021年3月期見通しを発表しており、売上高は前期比7.4%減の1兆4300億円、営業利益は同7.2%減の3770億円を見込む。デジタル化の広がりなどを背景とする半導体デバイス市場の拡大や、高機能化する先端デバイス需要増大などが半導体シリコン事業の支えに。コンセンサス(3820億円)を若干下回るが、年間配当を増額修正しており、ややポジティブか。


■前場の注目材料
・ナスダック総合指数は上昇(11431.35、+72.41)
・原油先物は上昇(39.57、+1.01)
・米長期金利は低下
・日銀のETF購入
・米経済対策への期待
・コロナ向けワクチン開発の進展


・昭和電工<4004>コンビナート情報統合、日立のIoT基盤活用
・アドバネクス<5998>CNTで面状発熱体 車用など提案
・日立金属<5486>3230人削減、コロナ禍直撃、業績不振
・昭和電工<4004>光半導体・レアアースを分社化
・トヨタ<7203>電池調達網整備、電動車安定供給に道
・日本精工<6471>モーターハブを開発、空飛ぶ車で活用
・アルプスアルパイン<6770>振動型触覚デバイス、加振力5倍の新モデル
・住友重機械工業<6302>110億円投じ愛媛に新工場、イオン注入装置、生産2倍
・中部電力<9502>中部電力など、6割省エネの熱処理炉を開発、世界最小級
・日揮HD<1963>丸紅と中国で事業性調査、副生水素活用し工場低炭素化
・EIZO<6737>基板製造の新工場棟完成、能力25%増
・東レ<3402>不快臭抑える織物、ユニホームなど向け
・帝人<3401>高機能複合材で仏社と供給契約、航空機部品向け


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・日銀金融政策決定会合(29日まで)
・衆院本会議代表質問

<海外>
・09:30 豪・7-9月期消費者物価指数(前年比予想:+0.6%、4-6月期:-0.3%)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
欧州為替:ドル・円は上値追い、米長期金利の上昇で
2021年03月05日 18時15分
日経平均テクニカル:続落、カラカサ示現も5日線下降中
2021年03月05日 18時15分
5日の日本国債市場概況:債券先物は151円50銭で終了
2021年03月05日 17時39分
欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、米雇用統計は改善も利益確定売りが..
2021年03月05日 17時25分
ドル・円はじり高、前日からドル買い継続
2021年03月05日 17時07分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン