大日住薬---急伸、通期業績上方修正で見直しの動き優勢に

2020年10月29日 14時19分

大日住薬<4506>は急伸。前日に上半期の決算を発表、コア営業利益は480億円で前年同期比7.2%増益となった。また、通期予想は従来の330億円から470億円、前期比34.7%
減益にまで上方修正している。米国でのラツーダの売上が想定以上に堅調であるほか、販売管理費も下振れる見込みのようだ。今後のラツーダ特許切れへの懸念はあるが、株価が安値圏にあったことで、見直しの動きが進む形になっている。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
【M&A速報:2020/12/04(2)】オリンパス<7733>、呼吸..
2020年12月04日 17時02分
日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は4日ぶりに小反落、フ..
2020年12月04日 16時56分
新興市場銘柄ダイジェスト:ピープルは大幅に3日ぶり反発、菊水電子がスト..
2020年12月04日 16時15分
北の達人 Research Memo(8):21年2月期は減益予想に伴..
2020年12月04日 15時18分
北の達人 Research Memo(7):市場の大きなマスマーケット..
2020年12月04日 15時17分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン