後場の日経平均は130円安でスタート、資生堂やキーエンスなどが下落

2020年10月29日 13時10分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23288.41;-130.10TOPIX;1606.55;-6.00

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比130.10円安の23288.41円と前引から下げ幅を若干縮小して取引を開始した。ランチタイム中の225先物は下げ幅を若干縮小。アジア市場は中国以外が下落。為替は1ドル=104円40銭台と朝方より若干円安で推移。午前の日経平均は米国市場が大幅続落となり、欧州でロックダウンが再開になるなど、外部環境の悪化を受け続落でスタートした。寄り付き後は、好業績を発表したソニー<6758>が大幅上昇したことが相場を下支えし、日経平均は徐々に下げ幅を縮小して午前の取引を終了した。なお、午前のTOPIXの下落率はマイナス0.48%であり、日銀のETF買いの公算は望み薄となりそうだ。後場の日経平均は前場終値より若干下げ幅を縮小してスタートした。寄り付き後は本日の高値圏で揉み合いして推移している。

 セクター別では、証券・商品先物取引業、電気・ガス業、石油・石炭業、陸運業などが下落率上位となっており、一方、電気機器、医薬品、輸送用機器、銀行業が上昇となっている。東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテイリング<9983>、資生堂<4911>、キーエンス<6861>、HOYA<7741>が安く、ソニー、任天堂<7974>、コマツ<6301>、日立<6501>、デンソー<6902>、イビデン<4062>が高い。


<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「後場の寄り付き概況」 のニュース一覧
後場の日経平均は237円安でスタート、任天堂やソニーが安い
2021年01月26日 13時03分
後場の日経平均は123円高でスタート、ルネサスやファーストリテが高い
2021年01月25日 13時01分
後場の日経平均は133円安でスタート、ソニーやトヨタが安い
2021年01月22日 13時13分
後場の日経平均は234円高でスタート、ソフトバンクGやトヨタが高い
2021年01月21日 13時16分
後場の日経平均は131円安でスタート、ソフトバンクGや任天堂が安い
2021年01月20日 13時16分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン