京セラ---急落、7-9月期も大幅減益基調が続く形に

2020年10月30日 13時02分

京セラ<6971>は急落。前日に第2四半期の決算を発表、7-9月期営業利益は165億円で前年同期比56.2%減益、市場予想は15億円程度下振れる着地になった。第1四半期の同66.5%減益に対して回復力は鈍く、電子部品業界内では相対的にネガティブな印象と受けとめられている。通期計画750億円、前期比25.1%減は据え置いているものの、上振れ期待はやや低下の方向とみられる。今週に入って株価の上昇ピッチが速まっていた反動も強まる形に。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、ファーストリテと東..
2020年12月01日 17時48分
ビーロット---販売用不動産の売却
2020年12月01日 17時21分
ビーロット---スポンサーとなるビーロットリート投資法人の運用開始
2020年12月01日 17時19分
【M&A速報:2020/12/01(2)】センコー、長瀬産業子会社で化..
2020年12月01日 16時32分
TOKAIホールディングス---デジタル・ワークプレイスソリューション..
2020年12月01日 16時28分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン