マザーズ指数再び1200割れ、一部で追い証に伴う連鎖的な売りも◇

2020年10月30日 13時17分

 東証マザーズ市場が下げ止まらない。日経平均の下げは1%未満ながら中小型株の下げが目立ち東証1部では全体の約8割の銘柄が下落している。また、個人投資家資金が集まるマザーズ市場では時価総額上位のBASE<4477.T>やAI inside<4488.T>、JTOWER<4485.T>などの下げが目立ち、マザーズ指数は1200を再び割り込み2%前後の下落となっている。一部の個人投資家には追い証も観測されているもようで、連鎖的な売り圧力が発生している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<10月29日の年初来高値更新銘柄> 10月30日
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
神戸物産が大幅反発、9月営業利益は37%増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
ETF売買代金ランキング=2日前引け
2020年12月02日 11時35分
ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続伸、石光商事、テセ..
2020年12月02日 11時34分
東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は5日ぶり反落、アイリッジ、ギフテ..
2020年12月02日 11時33分
ETF売買動向=2日前引け、iFE225、日興NQヘ無が新高値
2020年12月02日 11時32分
東証2部(前引け)=2部指数は4日続伸、宮入バ、松尾電が買われる
2020年12月02日 11時32分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
休憩中
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン