TDKが21年3月期業績及び配当予想を上方修正

2020年10月30日 16時53分

 TDK<6762.T>がこの日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を1兆2900億円から1兆4000億円(前期比2.7%増)へ、営業利益を700億円から1100億円(同12.4%増)へ、純利益を480億円から760億円(同31.5%増)へ上方修正した。

 テレワーク・オンライン授業の導入によるノートパソコン、タブレット端末の需要拡大や5G(第5世代移動通信システム)関連需要の拡大により、二次電池や受動部品の販売が拡大していることが要因。また、第2四半期に入り自動車市場向けの受注が急速に回復し、受動部品やセンサの販売が拡大したことも寄与する。

 また、業績予想の修正に伴い、中間・期末各80円を予定していた配当予想を、中間・期末各90円に引き上げるとあわせて発表した。年間配当は180円(従来予想160円)となり、前期実績と同額となる。

 なお、第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高6911億1100万円(前年同期比2.3%減)、営業利益624億600万円(同9.4%減)、純利益422億2500万円(同6.0%減)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(大引け)=354円安と大幅に5日続落、2万3000円台を割り込む
30日の主なマーケットイベント
30日中国・上海総合指数=終値3224.5325(-48.1949)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ジェクシードが株主優待制度を新設
2020年11月30日 16時41分
イナリサーチが北京バイオサイトジェン社と代理店契約を締結
2020年11月30日 16時38分
バリオは2010円で初日の取引を終える、午後は軟調な動き
2020年11月30日 15時09分
日電波が6日続伸、携帯型の超音波画像診断装置を開発
2020年11月30日 14時38分
クボテックは一時S高、画像処理検査エンジンの販売強化に向けた活動開始へ
2020年11月30日 14時27分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン
  • トトロさんがガスETFの銘柄についてコメントしました。
    でも分からない人もいるしダメか〜 (1分前)
  • トトロさんがガスETFの銘柄についてコメントしました。
    え〜「いちゃりばちょ〜で〜」はどうでしょう?あ、沖縄の方言で... (2分前)
  • トトロさんが協和キリンの銘柄についてコメントしました。
    お〜心配ですね〜 (5分前)
  • まーくん(^-^)さんが協和キリンの銘柄についてコメントしました。
    救急救命士さんや消防士の人たちには申し訳ないけど。。。 (8分前)
  • まーくん(^-^)さんが協和キリンの銘柄についてコメントしました。
    消防車と救急車がめちゃうるさいw(近所で大火事でもあったのか... (9分前)
  • もっと見る