ライトが後場上げ幅拡大、手持ち工事の施工順調で上期業績は計画上振れ

2020年11月02日 13時19分

 ライト工業<1926.T>が後場上げ幅を拡大している。午後1時ごろ、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、売上高が460億円から485億円(前年同期比1.0%増)へ、営業利益が32億5000万円から45億円(同21.7%増)へ、純利益が24億円から32億5000万円(同14.6%増)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が想定よりも軽微であったことに加えて、グループ会社において手持ち工事の施工が順調に進捗したことが要因。また、土木分野をはじめグループ全体で工事採算性が向上したことも寄与した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
AmidAHは大幅続伸、EC通販牽引し第1四半期営業利益2.7倍
JTが高水準の売買代金こなし急反発、業績上方修正好感し抜群の高配当利回り評価
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
日化産が30万株を上限とする自社株買いを発表
2021年02月25日 17時00分
藤田観が第1四半期業績に投資有価証券売却益を計上へ
2021年02月25日 16時41分
マクセルHDが21年3月期業績に固定資産譲渡益を計上へ
2021年02月25日 16時26分
ギグワークスが3月末を基準日に1株を3株に株式分割
2021年02月25日 16時23分
メガチップスが21年3月期業績予想を上方修正
2021年02月25日 16時23分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン