マザーズ指数は続伸、グロース株に資金向かう、AIinsideストップ高

2020年11月12日 16時37分

本日のマザーズ市場では、前日に続き押し目買いの動きが優勢となった。前日の米国市場では世界的な新型コロナウイルス再拡大を受けてNYダウが小反落する一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は2%高と3日ぶりに反発。本日の東京市場でも
「ウィズコロナ」関連とされるグロース(成長)株に投資資金が向かい、新興ハイテク株中心のマザーズ指数は堅調な展開となった。ただ、日経平均が後場に一時マイナスへ転じると、マザーズ指数も上げ幅を縮める場面があった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で2058.71億円。騰落数は、値上がり149銘柄、値下がり171銘柄、変わらず10銘柄となった。
個別では、AI-OCR(人工知能を用いた光学文字認識)サービスのAIinside<4488>が買い気配のままストップ高比例配分となり、時価総額でマザーズ4位に浮上。上期決算は大幅な増収増益で、通期予想についても上方修正したことが好感された。その他の決算発表銘柄では第1四半期大幅増収のフリー<4478>が8%の上昇となり、前期業績を上方修正したMTG<7806>はストップ高比例配分。また、時価総額上位ではメルカリ<4385>やラクス<3923>が堅調で、売買代金上位ではネットショップ作成支援のBASE<4477>などが買われた。一方、時価総額上位の弁護士コム<6027>は軟調で、売買代金上位では直近上場したグルメサイトのRetty<7356>などが売られた。また、アクトコール<6064>やリグア<7090>が下落率上位に顔を出した。



<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は続伸、BASEなど主力処の強さが目立つ
2021年01月18日 15時58分
マザーズ指数は反発、好業績銘柄や直近IPO銘柄に買い、Sansanスト..
2021年01月15日 16時32分
マザーズ指数は反落、物色の矛先向かず、日経平均失速で売りも
2021年01月14日 16時19分
マザーズ指数は小反発、巣籠り関連が上昇、値上がり率1位はエヌ・ピー・シ..
2021年01月13日 17時12分
マザーズ指数は反落、グロース株売りの流れ、EC関連には買いも
2021年01月12日 16時19分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン