マザーズ指数は4日ぶり反落、大引けにかけて弱含む

2020年11月16日 16時19分

 本日のマザーズ指数は4営業日ぶりに反落となった。朝方は前週末水準から開始したマザーズ指数だったが、寄り付き後即座にマイナスに転じると、1235ptを中心としたもみ合いに。後場寄り付き直後には一時下げ幅を縮める局面も見られたが、結局は大引けにかけてアンジェス<4563>が一時マイナスに転じるなど急速に上げ幅を縮小。これに影響される形でマザーズ指数も大引けにかけて弱含む格好となった。なお、マザーズ指数は4営業日ぶりに反落、売買代金は概算で2737.83億円。騰落数は、値上がり121銘柄、値下がり203銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、アンジェスがマザーズ売買代金トップにランクイン。決算発表を受けて、BASE事業の伸び悩みが懸念されたBASE<4477>は10%安。21年9月期の営業利益予想が前期比42.4%減の3.10億円と発表したHENNGE<4475>も失望売りが膨らみ17%安。Chatwork<4448>も、20年12月期の営業利益予想を2.89億円に増額修正するも、予想の範囲内であったことから材料出尽くし感が台頭し急落。Retty<7356>を筆頭にKIYOラーニング<7353>、カラダノート<4014>、rakumo<4060>など直近IPO銘柄も全般下げが目立った。その他、メドレー<4480>、PSS<7707>、弁護士ドットコム<6027>、Jストリーム<4308>などが売られた。一方、21年3月期第2四半期の純損益が黒字転換したサイバーダイン<7779>を筆頭に、ギフティ<4449>、オークファン<3674>などが決算を材料に物色された。その他、ケアネット<2150>、GNI<2160>、JIG−SAW<3914>などが買われた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は3日続伸、引き続き米ハイテク株高追い風、BASEやJTO..
2021年01月22日 16時33分
マザーズ指数は大幅続伸、売買3カ月半ぶり高水準、BASEなど急伸
2021年01月21日 16時14分
マザーズ指数は小幅上昇、値上がり率トップはトランスジェニック
2021年01月20日 16時28分
マザーズ指数は3日ぶり小幅反落、メルカリ下押しも直近IPO銘柄に買い
2021年01月19日 16時21分
マザーズ指数は続伸、BASEなど主力処の強さが目立つ
2021年01月18日 15時58分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
  • まーくん(^^ゞさんがシャープの銘柄についてコメントしました。
    お試しで。 (33分前)
  • まーくん(^^ゞさんがすかいHDの銘柄についてコメントしました。
    1660円あたりが頂上だと思いますよ。 (36分前)
  • ゆのじ。さんがJDIの銘柄についてコメントしました。
    なるようにしか… (約1時間前)
  • yuruzouさんが東洋合成の銘柄についてコメントしました。
    一段落したのでチャンスか? (約2時間前)
  • おはなさんがシャープの銘柄についてコメントしました。
    初買い♡ (約4時間前)
  • もっと見る