武田が反発、国内大手証券は目標株価5000円に引き上げ

2020年11月20日 13時51分

 武田薬品工業<4502.T>が反発。SMBC日興証券は19日、同社株の投資評価「1」を継続するとともに、目標株価は4800円から5000円に引き上げた。アイルランド製薬大手のシャイアー買収により獲得したPDT(血漿分画製剤)事業と後期開発品の開発成功による収益拡大を評価。また、同社のNet debt/EBITDA倍率は19年3月期に10倍を超過し財務リスクが懸念されたが、23年3月期には約2倍まで改善するとも予想している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
キムラが一時S高、「イオンクラスター除菌脱臭装置」を販売開始
<個人投資家の予想> 11月20日 13時
日本サードが7日ぶり反発、すべての人材を「DX人材」へとシフトさせる研修を提供開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ダイヤHDが動意、ハンガリー政府の投資支援プログラムに採択
2021年01月26日 14時29分
ガイシが続伸、JAXAなどと共同で人工衛星に搭載する展開反射鏡用金属メ..
2021年01月26日 14時25分
サコスが続伸、電気設備工事会社の親和電気を子会社化
2021年01月26日 13時59分
ラクーンHDは4日続伸、ライブコマースを活用したオンライン展示会を開催
2021年01月26日 13時45分
トライSTGが続伸、第4四半期に投資有価証券売却益を計上へ
2021年01月26日 13時36分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン