アイリッジ---MACDは陽転シグナルを発生

2020年11月24日 12時56分

堅調。10月22日高値1453円をピークに調整が続き、足元では支持線とした25日線を割り込む場面もみられたが、直近で大陽線形成で25日線を回復。その後も切り上がる25日線を支持線にリバウンド基調が続いている。MACDはシグナルとの交差で陽転シグナルを発生。一目均衡表では雲上限を支持線としたリバウンドを継続しており、遅行スパンは実線に沿った切上がりで、上方シグナルを継続。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「個別銘柄テクニカルショット」 のニュース一覧
ルネサス---堅調、2017年11月高値が視野に入ってきた
2021年01月18日 12時08分
ツインバード---ダブルトップ突破を意識したトレンド形成に期待
2021年01月18日 08時49分
神栄---転換線、基準線が支持線として機能
2021年01月18日 08時49分
三井E&S---25日、75日線とのゴールデンクロス示現
2021年01月15日 14時55分
IGポート---13週、26週線とのゴールデンクロスが近づく
2021年01月15日 08時58分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン