米感謝祭控え、短中期物でOP売り

2020年11月25日 05時50分



ドル・円オプション市場は短中期物で米国の感謝祭の祭日を控えたオプション売りが優勢となり変動率は低下した。1年物は変わらず。

リスクリバーサルは動意乏しく、小動きにとどまった。

■変動率
・1カ月物6.23%⇒6.21%(08年10/24=31.044%)
・3カ月物6.36%⇒6.35%(08年10/24=31.044%)
・6カ月物6.60%⇒6.57%(08年10/24=25.50%)
・1年物 6.78%⇒6.78%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)

■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1カ月物+0.72%⇒+0.72%(08年10/27=+10.90%)
・3カ月物+1.06%⇒+1.06%(08年10/27=+10.90%)
・6カ月物+1.29%⇒+1.30%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+1.51%⇒+1.51%(08年10/27=+10.71%)




<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
Icon4?id=742549

誤魔化しはあろうがまあ、忌々しき女性に苦労をしていそうな御仁も何でも拝めば拝まぬよりマシだ、不審ではあるが。女狂い物狂いの時代、然し地獄とは地獄。地獄的露呈とは然し、一説には御愛嬌か、目出度い思考もあるものだが?
青く醜く腫らせた目の奥に何を求める_____
まるでもう、慾の徒は慾の徒、地獄の徒は矢張り地獄の徒であるか。
「スターーシップ9」非常に名作。
未来を評価する事は社会主義の根底に思える。

1
Icon4?id=742549

密入国に性●罪、孔子学校。然し問題は然し、買われ続ける通貨が示すは余程健全な嵐の後の現状である。憚りない慾の徒の下った運勢は既に御存じ、世知辛い自●率である。長い戦いを制したその後、この世を支配し或る程度の謎の涙と自信が今欲しいのか_____
然しそれだけが存在する、と云う訳ではない。ゾッとする麗しの世。その裏側にしか当たり前だが人間用は無い。

0
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米政権移行を控え根強いドル買..
2021年01月19日 17時25分
19日の日本国債市場概況:債券先物は151円85銭で終了
2021年01月19日 17時20分
東京為替:ドル・円は小じっかり、日本株高で円売り
2021年01月19日 17時00分
辛うじて10億株を上回る薄商いのなか、コア銘柄に資金が集中【クロージン..
2021年01月19日 16時22分
東京為替:ドル・円は底堅い、欧米株高観測で円売り先行
2021年01月19日 16時17分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン