日経平均は4日続伸、リバランス需要期待が支え、連日のバブル後高値

2020年11月27日 15時54分

日経平均は4日続伸。26日の米国市場は感謝祭の祝日で休場だった。積極的な買いの手掛かりに乏しいなか、週末を前に利益確定の売りが出て、本日の日経平均は7円安からスタート。朝方プラス圏に浮上したものの、前引けにかけて一時26419.05円(前日比118.26円安)まで下落するなど方向感を欠く展開だった。ただ、引けにかけてNTTドコモ<9437>株の公開買付け(TOB)に絡んで東証株価指数(TOPIX)のリバランス需要が発生するとの観測から、後場に入ると26672.40円(同135.09円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比107.40円高の26644.71円となった。終値としてはバブル崩壊後の戻り高値を連日で更新。東証1部の売買高は15億2950万株、売買代金は3兆4069億円だった。業種別では、精密機器、不動産業、非鉄金属が上昇率上位だった。一方、電気・ガス業、銀行業、輸送用機器が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の69%、対して値下がり銘柄は28%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>とエムスリー<2413>が2%超上昇し、日経平均の押し上げ役となった。日本電産<6594>は4%の上昇となり、エムスリーとともに連日で上場来高値(株式分割考慮)を更新。その他売買代金上位でも任天堂<7974>、ソニー<6758>、キーエンス<6861>といった値がさグロース(成長)株が買われた。また、三井不<8801>による株式公開買付け(TOB)実施観測が報じられた東京ドーム<9681>は買い気配のままストップ高比例配分となり、野村不HD<3231>やダイビル<8806>、平和不<8803>などの不動産株にも思惑買いが向かった。一方、トヨタ自<7203>などの自動車株や三菱UFJ<8306>などのメガバンク株は軟調。リクルートHD<6098>やダイキン<6367>
は日経平均の押し下げ役となった。また、配当権利落ちのジャステック<9717>、前日に決算発表したタカショー<7590>や菱洋エレク<8068>が東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は反発、ワクチン懸念後退のほかIMF経済見通しの改定を好感も様..
2021年01月27日 15時59分
日経平均は反落、アジア株安受け弱含み
2021年01月26日 16時04分
日経平均は反発、終値30年半ぶり高値、ファストリやエムスリーに買い
2021年01月25日 16時07分
日経平均は反落、利益確定売り先行も「決算見極め」ムード
2021年01月22日 15時52分
日経平均は反発、米株高に安心感、終値では30年5カ月ぶり高値
2021年01月21日 15時54分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン