欧州為替:ドル・円は下げ渋り、ユーロ・ドルは上値が重い

2020年12月01日 19時18分


欧州市場でドル・円は下げ渋り、104円30銭付近に値を戻した。ユーロ・ドルは1.19ドル台後半の売りに押され失速し、ドル・円への下押し圧力は抑制されている。一方、欧米株価指数は上げ幅を拡大し、リスク選好的な円売りがユーロを押し上げた。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円18銭から104円34銭、ユーロ・円は124円77銭から124円94銭、ユーロ・ドルは1.1963ドルから1.1986ドル。




<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
コロナ禍の「富裕税」論議【フィスコ・コラム】
2021年01月24日 09時00分
来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC、日米10-12月期決..
2021年01月23日 17時30分
新興市場見通し:新興株見直しムードで決算シーズン入り、早くも注目企業多..
2021年01月23日 15時50分
為替週間見通し:もみ合いか、米FOMC会合が手掛かり材料に
2021年01月23日 14時38分
ユーロ週間見通し:上げ渋りか、ウイルス感染被害の拡大を警戒
2021年01月23日 14時36分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン