東京ドーム---急落、オアシス幹部のTOB歓迎姿勢を受け価格引き上げ思惑後退

2020年12月03日 13時11分

東京ドーム<9681>は急落。三井不動産<8801>が実施しているTOBに対して、大株主である香港ファンドのオアシス・マネジメント最高投資責任者が、「歓迎すべきだ」との考えを明らかにしたと伝わっている。現在、三井不動産が1株1300円でTOBを実施中であるが、オアシスが10%弱を保有する大株主となっていることから、今後のTOB価格引き上げ思惑なども強まり、足元でTOB価格を上回る株価推移となっていた、こうした思惑などが後退する状況となっている。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日ぶり大幅反発、ファー..
2021年01月19日 16時44分
【M&A速報:2021/01/19(2)】フィットイージー、ファミマか..
2021年01月19日 16時29分
新興市場銘柄ダイジェスト:ユビテックは大幅に反発、MHグループがストッ..
2021年01月19日 16時28分
ナレッジスイート Research Memo(9):配当金は累損解消と..
2021年01月19日 15時29分
ナレッジスイート Research Memo(8):DX事業に経営リソ..
2021年01月19日 15時28分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン