新興市場銘柄ダイジェスト:ピープルは大幅に3日ぶり反発、菊水電子がストップ高

2020年12月04日 16時15分

<6912> 菊水電子 918 +150
ストップ高。複数のメディアが「経済産業省は2030年代半ばに国内の新車販売を全てハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの電動車に切り替える目標を設ける方向で調整に入った」と報じ、関連銘柄の一角として物色されている。菊水電子工業はHVやEVの評価に必要な電子負荷装置などを手掛けており、電動車への切り替えが進めば需要が拡大するとの観測から買いが膨らんでいるようだ。

<6550> Fringe81 488 -26
朝高後、マイナス転換。Sansan<4443>と資本業務提携すると発表している。中長期的なサービス連携やSansanの広告配信システム開発を検討するほか、Sansanから営業やマーケティングなどのノウハウの提供を受ける。また、第三者割当で新株36万6200株をSansanに、新株予約権2万2204個(潜在株式数222万0400株)をクレディ・スイス証券に割り当てる。調達資金はそれぞれ約1.57億円、約10.69億円で、開発投資や人件費に充当する。

<7865> ピープル 1180 +49
大幅に3日ぶり反発。21年1月期の営業利益予想を前期比25.6%増の3.68億円と発表している。屋内外の遊具を中心に好調が持続すると見込む。第3四半期累計(20年1-10月)の営業利益は前年同期比40.2%増の3.27億円で着地しており、会社予想(2.79億円)を上回った。コロナ禍でおうち遊びのための玩具・遊具の需要が増加し、インターネットを中心とした玩具・自転車類販売に加え、郊外店舗などの集客も増加傾向で推移した。

<4308> Jストリーム 5990 -260
大幅に続落。米Lumen社のCDNサービス「Lumen CDN」の国内販売を開始したと発表している。イベントなど大規模配信を必要とする案件が増加傾向にあることに加え、大手企業による海外を含むグローバル配信に対応するため提案メニューを拡充する。朝方は買いが先行したものの、当面の材料は出尽くしたとの見方から徐々に売りに押されている。前日に年初来高値(6840円)を付けた後、利益確定売りが優勢となった流れも続いているようだ。

<6862> ミナトHD 471 +11
大幅に反発。太陽誘電<6976>と販売代理店契約を締結し、同社製品の販売を開始したと発表している。メモリー製品を手掛けるサンマックス・テクノロジーズ(東京都中央区)などミナトHDのグループ企業で太陽誘電の電子部品やソリューションシステムなどを取り扱うことで、IoTの導入促進や情報インフラの整備に資する製品の販売拡大に注力する。株価が25日移動平均線を上回ってきたことも買いを後押ししているようだ。

<3845> アイフリーク 155 -3
朝高後、マイナス転換。AI CROSS<4476>とセールスパートナー契約を締結したと発表している。複数のフェーズに分けてシナジーを高める計画で、フェーズ1ではAI CROSSの人材管理サービス「絶対リーチ!HR」をアイフリークモバイルの顧客企業に対して販売し、フェーズ2ではIT業界に特化した「絶対リーチ!HR」などIT業界向けサービスの企画販売を開始する。契約締結を受け、AI CROSS株は反発している。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日ぶり大幅反発、ファー..
2021年01月19日 16時44分
【M&A速報:2021/01/19(2)】フィットイージー、ファミマか..
2021年01月19日 16時29分
新興市場銘柄ダイジェスト:ユビテックは大幅に反発、MHグループがストッ..
2021年01月19日 16時28分
ナレッジスイート Research Memo(9):配当金は累損解消と..
2021年01月19日 15時29分
ナレッジスイート Research Memo(8):DX事業に経営リソ..
2021年01月19日 15時28分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン