ネットワンが6日ぶり反発、国内有力証券が目標株価を引き上げ

2020年12月23日 14時07分

 ネットワンシステムズ<7518.T>が6日ぶりに反発している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が22日付で、投資判断「オーバーウエート」を継続し、目標株価を6700円から6800円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 同証券では、拡大するクラウド基盤やセキュリティー対策の需要取り込みと収益性向上に伴う利益成長を評価。また、GIGAスクール構想などPUB(公共)を中心とする増収効果に加え、各種取り組みを通じた利益改善効果も大きいと予想。21年3月期営業利益予想を200億円(前期比21%増)と会社計画の170億円を上回ると見込むほか、22年3月期も同235億円と中期経営計画の210億円を上回ると予想している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
みらいWKSは7日ぶり反発、ライトアップと中小企業のDX推進に向け業務提携◇
新電元が3日ぶり反発、150キロワット出力急速充電器の販売開始へ
交換できるの初値は4615円、公開価格の2.3倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
象印は続伸、中国の大手家電メーカーと共同開発契約を締結
2021年03月08日 11時13分
マイネットが大幅続伸、子会社がSEGA XDと協業開始
2021年03月08日 11時09分
宮越HDが大幅反発、2030年に時価総額1兆円の投資会社目指す
2021年03月08日 10時36分
野村は大幅高で昨年来高値更新、全体相場波乱でも指標面の割安さに着目
2021年03月08日 10時31分
シュッピンが大幅続伸、2月売上高は2ケタ増で2カ月ぶりに前年上回る
2021年03月08日 10時28分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
休憩中
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン