個別銘柄戦略:関電工や三菱ガス化学などに注目

2020年12月28日 09時07分

先週末25日の米国市場は休場。大阪夜間取引の日経225先物が大阪日中比20円安の26630とほぼ横ばい。週明け28日早朝の為替は1ドル=103.50-60円(先週末大引け時は103.60円付近)。本日の東京市場では、先週末に売買代金1~3位でいずれも値下がりしたソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ソニー<6758>の買い戻しが予想される。反面、新型コロナウイルス変異種の急速な流行で経済活動制限に対する警戒感が高まりやすくJAL<9201>、7&IーHD<3382>などは軟調な動きを強いられよう。25日開示の決算関連では、ニトリHD<9843>が3-11月期累計の連結経常利益で通期計画の89.2%を確保しており、好業績を評価した買いが予想される。2021年2月期末配当予想を10円引き上げたあさひ<3333>も上伸しよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された関電工<1942>、三菱ガス化学<4182>、中国塗料<4617>、LITALICO<6187>、デンソー<6902>、図研<6947>、三井ハイテック<6966>、野村<8604>、福井コンピュータ<9790>などに注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
欧州為替:ドル・円はじり安、ユーロ・円が下押し
2021年05月12日 20時06分
日経平均VIは大幅に上昇、株価下落で市場心理がさらに悪化(訂正)
2021年05月12日 20時00分
欧州為替:ドル・円は変わらず、米インフレを注視
2021年05月12日 19時19分
欧州為替:ドル・円は失速、米金利の上げ渋りで
2021年05月12日 18時19分
日経平均テクニカル:大幅続落、パラボリと新値足がともに陰転
2021年05月12日 18時15分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン