マザーズ指数は反発、利益確定売り和らぐ、個別材料株や政策関連株に買い

2021年01月08日 16時21分

 本日のマザーズ市場では、前日見られたような利益確定の売りが和らぎ、買い優勢となった。日経平均がおよそ30年5カ月ぶりに28000円台を回復するなか、引き続き主力大型株に投資家の関心が向かいやすかったもようで、マザーズ売買代金は2000億円に届かなかった。ただ、個別材料株や政策関連のテーマ株を中心に一定の買いは入ったようだ。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1976.49億円。騰落数は、値上がり224銘柄、値下がり112銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>などが堅調で、フリー<4478>は小高い。
売買代金上位では環境関連物色の流れからNPC<6255>が大幅高となり、通信政策の追い風期待が根強いJTOWER<4485>や新型コロナウイルスのワクチン開発で注目されるアンジェス<4563>も上げが目立った。また、新サービスをリリースしたアルー<
7043>がストップ高を付け、大学との共同研究が材料視されたフルッタ<2586>は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、時価総額上位ではJMDC<4483>などが軟調で、ラクス<3923>は小幅に下落。売買代金上位ではAIinside<4488>やココペリ<4167>が売りに押された。また、フィーチャ<4052>などが下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は小幅反発、メルカリやマネーフォワードが支えに
2021年03月01日 16時25分
マザーズ指数は反落、下値では押し目買いも、IPOではcoly初値2倍
2021年02月26日 16時11分
マザーズ指数は反発、米ハイテク株高で安心感、警戒ムードも残り売買低調
2021年02月25日 16時14分
マザーズ指数は大幅反落、米長期金利高受けたグロース売り地合いに押される..
2021年02月24日 17時04分
マザーズ指数は4日ぶりに反発、終日狭いレンジでの推移、WACULは好調..
2021年02月22日 16時11分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
前場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
  • 好事家さんがフォーサイドの銘柄についてコメントしました。
    悲しみの難ピン(T-T) (2分前)
  • 好事家さんがREVOLUTIの銘柄についてコメントしました。
    利トライ(^^)/ (6分前)
  • 8810さんが旭化成の銘柄についてコメントしました。
    多分もうしばらくは下がるはず… 下がり切ったあたりでもう一度... (9分前)
  • yoshiiさんが菱地所の銘柄についてコメントしました。
    信用新規売りです (10分前)
  • 8810さんがエムスリーの銘柄についてコメントしました。
    チャートの比較で前回の反発と似てるのでナンピン。うまく刺され... (10分前)
  • もっと見る