マザーズ指数は反落、物色の矛先向かず、日経平均失速で売りも

2021年01月14日 16時19分

本日のマザーズ市場では、主力大型株に積極的な買いが向かったことで、利益確定売り優勢の展開となった。NPC<6255>が全市場売買代金上位に顔を出したものの、マザーズ銘柄に対する物色は広がりを欠いた。さらに、後場中ほどを過ぎて日経平均が急失速すると、マザーズ市場でもリスク回避目的の売りが出た。なお、マザーズ指数は反落、終値では2.5%安となった。売買代金は概算で2019.05億円。騰落数は、値上がり63銘柄、値下がり268銘柄、変わらず14銘柄となった。
個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>、フリー<4478>、ラクス<3923>などが軒並み下落。売買代金上位ではNPCが朝高後に失速し、BASE<4477>やウェルスナビ<
7342>も売り優勢となった。また、第1四半期決算を発表したアララ<4015>はストップ安を付けた。一方、メドレー<4480>やクリーマ<4017>、ヤプリ<4168>は終値でプラスを確保した。一部証券会社の投資判断付与や機関投資家の買いが観測されたMacbeeP<7095>、決算発表のスタジオアタオ<3550>などは急伸。また、アルー<7043>はストップ高水準で取引を終えた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は反落、下値では押し目買いも、IPOではcoly初値2倍
2021年02月26日 16時11分
マザーズ指数は反発、米ハイテク株高で安心感、警戒ムードも残り売買低調
2021年02月25日 16時14分
マザーズ指数は大幅反落、米長期金利高受けたグロース売り地合いに押される..
2021年02月24日 17時04分
マザーズ指数は4日ぶりに反発、終日狭いレンジでの推移、WACULは好調..
2021年02月22日 16時11分
マザーズ指数は3日続落、IPOではWACUL初値持ち越し
2021年02月19日 16時10分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン