日経平均は6日ぶり反落、材料出尽くし感や過熱警戒で利益確定売り

2021年01月15日 15時53分

日経平均は6日ぶり反落。14日の米国市場でNYダウは続落し、68ドル安となった。バイデン次期米大統領による追加経済対策の発表を控え、引けにかけて売りが出た。一方、1.9兆ドル(約200兆円)規模の米経済対策が発表されたことを受け、本日の日経平均は79円高からスタート。ただ、短期的な材料出尽くし感が意識されたうえ、前日までの急ピッチの株高に対する警戒感もあり、寄り付き後は利益確定の売りが出て弱含みとなった。後場には28477.03円(前日比221.23円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前日比179.08円安の28519.18円となった。東証1部の売買高は12億
4926万株、売買代金は2兆8376億円だった。業種別では、輸送用機器、繊維製品、電気・ガス業が下落率上位だった。一方、鉱業やゴム製品など4業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の75%、対して値上がり銘柄は22%となった。

個別では、ファーストリテ<9983>が3%近い下落となり、1銘柄で日経平均を約96円押し下げた。第1四半期決算は市場予想を上回る内容だったが、高値圏で利益確定売りが出た。その他売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>や任天堂<7974>が小安く、トヨタ自<7203>やソニー<6758>は軟調。日本電産<6594>が3%超下落し、レノバ<9519>も売りがかさんだ。また、フィルカンパニー<3267>などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、東エレク<8035>やレーザーテック<6920>、アドバンテス<6857>といった半導体関連株の堅調ぶりが目立った。台湾積体電路製造(TSMC)の好決算や設備投資計画が買い材料視された。前期業績を上方修正したキヤノン<7751>は8%超の上昇。また、USENNEX<9418>が買い気配のままストップ高比例配分となり、タマホーム<
1419>やベクトル<6058>も東証1部上昇率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は急反落、1200円超安で29000円割れ
2021年02月26日 15時55分
日経平均は大幅反発、米株高受け前日の下げ埋める
2021年02月25日 15時51分
日経平均は大幅反落、FRB議長発言受けても金利高への警戒感拭えず
2021年02月24日 16時00分
日経平均は4日ぶり反発、一時440円高も伸び悩み
2021年02月22日 15時56分
日経平均は3日続落、一時400円近い下落も終値3万円台維持
2021年02月19日 15時51分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン
  • appleさんが三井海洋の銘柄についてコメントしました。
    買い足し時。 (18分前)
  • appleさんがイオンモールの銘柄についてコメントしました。
    長い目で見てみよう。 (24分前)
  • やっくんさんが関電工の銘柄についてコメントしました。
    月曜日は、もう一段下がると見た。日銀が介入する迄、下げは続く... (38分前)
  • tetatetaさんが児玉化の銘柄についてコメントしました。
    長期で購入 (約1時間前)
  • 八宝菜さんが楽 天の銘柄についてコメントしました。
    嫁が上がると言うから・・・ こわいな〜 (約3時間前)
  • もっと見る