アース製薬が3日ぶり反発、20年12月期業績は計画上振れ

2021年02月02日 14時39分

 アース製薬<4985.T>が3日ぶりに反発している。1日の取引終了後、集計中の20年12月連結業績について、売上高が1940億円から1960億円(前の期比3.4%増)へ、営業利益が100億円から114億円(同2.9倍)へ、純利益が26億円から35億4000万円(同2.8倍)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。

 日用品・ペット用品の販売が想定以上となったことに加えて、返品・廃棄に関する費用が軽減されたことで売上総利益率が改善したことが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 02月02日 14時
松屋R&Dは大幅続伸、新型コロナ対応医療用綿棒の自動機を販売開始
スミダコーポは一時11%高、車載関連の回復で20年12月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
週間ランキング【値上がり率】 (5月7日)
2021年05月08日 08時30分
週間ランキング【値下がり率】 (5月7日)
2021年05月08日 08時30分
週間ランキング【約定回数 増加率】 (5月7日)
2021年05月08日 08時30分
日セラの第1四半期営業利益は62%増
2021年05月07日 17時39分
翻訳センターの21年3月期業績は計画を上回って着地
2021年05月07日 17時33分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン