マザーズ指数は小反発、朝方は荒い値動きながら大引けにかけて持ち直す

2021年02月08日 16時01分

 本日のマザーズ指数は小反発となった。前週末終値からやや上昇して始まったマザーズ指数だが、一時1267.55ptまで上昇した後は、急失速してマイナスに転じて1255.14ptをつけるなど、荒い値動きに。ただ、主力銘柄の一角への断続的な買いから再び前週末終値を挟んでのもみ合い推移となると、大引けにかけて買い気が再び強まり、朝方につけたきょうの高値に迫る形で取引を終えている。なお、マザーズ指数は小反発、売買代金は概算で1584.80億円。騰落数は、値上がり159銘柄、値下がり176銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、BASE<4477>がマザーズ売買代金トップにランクイン。20年12月期の売上高が前期比22.0%増の21.92億円になったと発表し、成長期待が強まったJIG-SAW<3914>の他、ストップ高まで買われた直近IPOのQDレーザ<6613>、21年12月期の営業利益予想を前期比31.7%増の4.24億円と発表したユニネク<3566>を筆頭にミンカブ<4436>、メルカリ<4385>、フリー<4478>、ロコンド<3558>、ブシロード<7803>などが買われた。また、前週末に続き旅行などアフターコロナ関連の一角に引き続き資金流入が見られ、マザーズではベストワンドットコム<6577>などが物色されたもよう。一方、通期予想を据え置いたことで売りが優勢となったと見られるJTOWER<4485>を筆頭にマネーフォワード<3994>、GMOフィナンシャルゲート<4051>、ニューラルポケット<4056>、アンジェス<4563>、バルミューダ<6612>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は3日ぶり反発、期待銘柄に押し目買い、IPOビジョナル初値..
2021年04月22日 16時37分
マザーズ指数は大幅続落、リスクオフムードで投資家心理は急速悪化、値下が..
2021年04月21日 16時48分
マザーズ指数は3日ぶり反落、物色意欲の根強さも、直近IPO銘柄賑わう
2021年04月20日 16時08分
マザーズ指数は小幅続伸、直近IPO銘柄中心の物色にとどまる
2021年04月19日 15時57分
マザーズ指数は反発、終値1250pt乗せ、IPOサイバートラスト初値4..
2021年04月16日 16時28分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン
  • ながれみずさんがビジョンの銘柄についてコメントしました。
    買い (約3時間前)
  • みなちさんがマルマエの銘柄についてコメントしました。
    買い (約5時間前)
  • KJTさんが楽天Gの銘柄についてコメントしました。
    ん? (約5時間前)
  • じぇど。さんがコロプラの銘柄についてコメントしました。
    まだまだ下がるやろ (約6時間前)
  • コウエイさんがANAの銘柄についてコメントしました。
    遅きに逸したかもだけど逆 波 に挑戦 (約6時間前)
  • もっと見る