日経平均は大幅反発、米金利の上昇一服で警戒感和らぐ

2021年03月01日 16時13分

日経平均は大幅反発。2月26日の米国市場でNYダウは大幅続落し、469ドル安となった。ただ、長期金利の上昇が一服したことで、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は反発。前週末に米金利急騰を嫌気して1200円を超える下落となった日経平均も、週明けの本日は警戒感が和らいで453円高からスタートすると、朝方には一時29686.39円(前週末比720.38円高)まで上昇した。一方、前週末の下げ幅の半値戻し水準では上値が重く、引き続き米金利動向を見極めたいなどといった慎重姿勢も透けた。

大引けの日経平均は前週末比697.49円高の29663.50円となった。東証1部の売買高は12億5001万株、売買代金は2兆4773億円だった。業種別では、全33業種がプラスとなり、パルプ・紙、情報・通信業、建設業、小売業、機械が上昇率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の88%、対して値下がり銘柄は10%となった。

個別では、売買代金トップのソフトバンクG<9984>が米ハイテク株の反発を受けて5%超の上昇。東京市場でもソニー<6758>、東エレク<8035>、村田製<6981>といった値がさハイテク株が堅調だった。その他売買代金上位ではキーエンス<6861>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>が小じっかり。米バークシャー・ハザウェイの保有上位銘柄に入った伊藤忠<8001>は4%近く上昇した。また、ココカラF<3098>と経営統合で最終合意したと発表したマツモトキヨシ<3088>は東証1部上昇率トップとなった。一方、マネックスG<8698>が軟調で、KDDI<9433>は小幅に下落。前週末に買われたH.I.S.<9603>などの旅行関連株の一角は急反落した。また、公募増資等の実施を発表した学研HD<9470>も売りがかさみ、沢藤電<6901>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は小幅続伸、日米首脳会談控え上値重く
2021年04月16日 15時53分
日経平均は小幅反発、プラスに転じるも上値重く
2021年04月15日 15時52分
日経平均は反落、決算前の様子見ムードで個別株物色にとどまる
2021年04月14日 16時00分
日経平均は反発、買い一巡後は伸び悩み
2021年04月13日 15時51分
日経平均は反落、安川電急落で業績見極めムード、海外株安も
2021年04月12日 16時00分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン
  • アンディサブさんがBASEの銘柄についてコメントしました。
    上がって欲しい (約1時間前)
  • ははなさんが浜ゴムの銘柄についてコメントしました。
    もうけめした (約1時間前)
  • A-11さんがNF金価格の銘柄についてコメントしました。
    トレダビの資産制限バグをリセットするため、三菱純金上場信託1... (約1時間前)
  • mitomiさんが楽天地の銘柄についてコメントしました。
    なんとなく (約1時間前)
  • mitomiさんがウォンテッドリの銘柄についてコメントしました。
    目についたものを選んでみました。 (約2時間前)
  • もっと見る