ブライトパス---大幅反発、「信州大が白血病対象CAR-T療法の医師主導治験開始」報道を材料視

2021年03月24日 12時54分

大幅反発。一部メディアが「信州大学医学部附属病院小児科の中沢洋三教授らの研究グループは、急性骨髄性白血病や若年性骨髄単球性白血病を対象として、GM-CSF受容体を標的とする自家キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の医師主導治験を開始する」と報じ、買い材料視されている。同受容体を標的としたCAR-T療法の開発は世界初という。信州大とブライトパス・バイオは固形がんCAR-T細胞療法の共同研究開発契約を締結している。


<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「新興市場スナップショット」 のニュース一覧
文教堂HD---大幅高、株主優待制度の変更、割引優待カードとQUOカー..
2021年09月24日 14時18分
Aiming---大幅に7日ぶり反発、グロース・キャピタルによる支援実..
2021年09月24日 14時04分
グローバルW---大幅に反落、信用取引の規制措置強化を材料視、短期急騰..
2021年09月24日 13時45分
ファルコム---大幅に3日ぶり反発、21年9月期期末配当予想を20円に..
2021年09月24日 11時26分
ココナラ---大幅に5日ぶり反発、新たに貸借銘柄に選定、押し目買いも
2021年09月24日 09時57分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン