東京株式(大引け)=392円安、目先利食い急ぎの動きで後場下げ幅拡大

2021年04月06日 15時39分

 6日の東京株式市場は朝方に日経平均は高く始まったが、寄り後はすぐに値を消し一貫して軟調な推移を強いられた。後場に入ると更に一段安となった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比392円62銭安の2万9696円63銭と4日ぶりに大幅反落。東証1部の売買高概算は11億3587万株、売買代金概算は2兆4943億2000万円。値上がり銘柄数は248、対して値下がり銘柄数は1897、変わらずは45銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場でNYダウが最高値を更新したほか、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数も上昇したことで、リスク選好の地合いが予想された。しかし、前日までの3営業日で日経平均は900円を超える上昇を示していることもあり、寄り後早々に目先利益を確定する動きが優勢となった。小売関連など2月決算企業の決算発表が今後本格化することで、それを警戒した売り圧力が強まった。業種別では銀行株の下げが目立つほか、自動車など輸出セクターも軟調。33業種中で32業種が下落するほぼ全面安商状で、個別株ベースでも値下がり銘柄数が1900近くに達し、全体の87%を占めた。日経平均の下げ幅は一時400円を上回り、大引けもほぼ安値圏で着地している。

 個別では、ソフトバンクグループ<9984.T>が冴えず、ファーストリテイリング<9983.T>、トヨタ自動車<7203.T>などが軟調。東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>など半導体関連や村田製作所<6981.T>、キーエンス<6861.T>なども売られた。日本電産<6594.T>も水準を切り下げた。しまむら<8227.T>が急落、日本CMK<6958.T>、ファーマフーズ<2929.T>、三櫻工業<6584.T>なども大きく値を下げた。

 半面、任天堂<7974.T>が堅調、マネックスグループ<8698.T>は商い活況のなか大幅高。日立製作所<6501.T>が買い優勢だったほか、富士通<6702.T>もしっかり。神戸製鋼所<5406.T>が物色人気となった。キユーピー<2809.T>が大きく上値を伸ばし、イソライト工業<5358.T>、ビックカメラ<3048.T>も高い。第一稀元素化学工業<4082.T>も値を上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・6日>(大引け)=JMACS、キユーピー、神戸鋼など
日立は堅調、日銀のCBDC実証実験で業務委託先に選定
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に神戸鋼


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
本日の【株主優待】情報 (12日引け後 発表分)
2021年05月12日 19時50分
本日の【自社株買い】銘柄 (12日大引け後 発表分)
2021年05月12日 19時20分
本日の【増資・売り出し】銘柄 (12日大引け後 発表分)
2021年05月12日 18時40分
12日香港・ハンセン指数=終値28231.04(+217.23)
2021年05月12日 17時34分
明日の株式相場に向けて=米経済に“ボトルネック懸念”が台頭
2021年05月12日 17時27分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン