ヤマザワの21年2月期業績は営業利益が計画を上振れて着地

2021年04月09日 16時05分

 ヤマザワ<9993.T>がこの日の取引終了後、集計中の21年2月期連結業績について、営業利益が17億円から24億5900万円(前の期比3.9倍)へ、純利益が7億円から8億7800万円(前の期2億2000万円の赤字)へ上振れて着地したようだと発表した。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、内職需要の高まりやまとめ買い傾向による客単価の上昇があった一方、来店客数が減少したことから、売上高は1129億3800万円(同2.9%増)と計画の1130億円を若干下回ったものの、値下げや廃棄削減により売上総利益率が大幅に向上したことに加え、不採算店舗の閉店による販管費の削減、店舗照明のLED化による光熱費の減少などが利益を押し上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
グッドコムAが21年10月期営業利益予想の上方修正と45万株を上限とする自社株買いを発表
午後:債券サマリー 先物は反落、長期金利0.100%に上昇
東京株式(大引け)=59円高と反発、一時3万円回復も伸び悩む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
任天堂が連日の年初来安値、中国規制強化でテンセント株波乱の影響受ける
2021年08月04日 11時23分
ABCマートが反発、7月既存店売上高9.2%増
2021年08月04日 11時21分
川本産業が大幅反落、前年の特需の反動で第1四半期47%営業減益
2021年08月04日 11時12分
ニチレイ大幅安、第1四半期営業益10%減で通期計画進捗率20%
2021年08月04日 11時06分
花王が反発、4~6月期の利益回復顕著で底値圏離脱を期待した買い
2021年08月04日 10時54分
もっと見る
News
現在の東証市場
休憩中
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
PR