NY為替:米長期金利低下を意識してドル売り強まる

2021年04月14日 06時35分

13日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円60銭まで上昇後、109円02銭まで下落して、109円05銭で引けた。予想を上回った米3月消費者物価指数(CPI)を受け、一時ドル買いが強まったのち、米当局がJ&J製ワクチン接種を中断するよう勧告したため、ワクチン普及混乱が経済活動の再開に支障をきたすとの懸念が広がったことが要因。30年債入札が好調な結果となったことから、長期金利の低下に伴うドル売りも観測された。

ユーロ・ドルは1.1879ドルまで下落後、1.1956ドルまで上昇し、1.1951ドルで引けた。ユーロ・円は130円12銭から130円44銭まで上昇。ポンド・ドルは1.3695ドルまで下落後、1.3758ドルまで反発。英中央銀行金融政策委員会(MPC)のホールデン氏が、6月会合後に退任する意向を表明したことから、金利先安観が台頭し、ポンド売りが一時優勢となった。ドル・スイスは0.9255フランから0.9198フランまで下落した。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
NY外為:トルコリラ堅調、ロックダウン緩和&財政赤字が昨年から改善
2021年05月18日 02時36分
NY外為:ドルじり安、クラリダFRB副議長、緩和縮小時期尚早との見解繰..
2021年05月18日 01時27分
NY外為:ポンド買い、英国はロックダウンさらに緩和
2021年05月18日 00時13分
【市場反応】米5月NAHB住宅市場指数、予想に一致、ドル底堅い
2021年05月17日 23時18分
NY外為:リスクオフ、米株先物は下落
2021年05月17日 22時21分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン