マザーズ指数は3日ぶり反落、IPOサイバートラスト初値持ち越し

2021年04月15日 16時23分

 本日のマザーズ市場では、前日の米国市場での金利上昇やハイテク株安を受け、売りが先行する展開となった。マザーズ指数は日足チャート上で1200pt台に位置する25日移動平均線が下値支持線と意識されているもようで、引けにかけて下げ渋る動きも見せたが、おおむね軟調もみ合いの様相。時価総額上位や売買代金上位は高安まちまちだった。なお、マザーズ指数は3日ぶり反落、売買代金は概算で1593.25億円。騰落数は、値上がり129銘柄、値下がり212銘柄、変わらず12銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>やJMDC<4483>、売買代金上位のQDレーザ<6613>やウェルスナビ<7342>が軟調。3月上場のAppier<4180>、直近買われていたKaizenPF<4170>は下げが目立った。また、決算発表銘柄ではUUUM<3990>などが売られ、ロコンド<3558>は下落率トップとなった。一方、時価総額上位ではフリー<4478>やマネーフォワード<3994>、売買代金上位ではオキサイド<6521>
やBASE<4477>が堅調。ロゼッタ<6182>は決算を好感した買いが入り、関通<9326>
はストップ高水準で取引を終えた。
 なお、本日マザーズに新規上場したサイバートラスト<4498>は買い気配のまま初値が付かなかった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は続落、売買1年ぶり低水準、AIinsideストップ安
2021年04月30日 16時02分
マザーズ指数は反落、投資家の目線は東証1部へ、値下がり率トップはWel..
2021年04月28日 16時57分
マザーズ指数は小幅続伸、買い一巡後は上値重く、メドレーがストップ高
2021年04月27日 16時21分
マザーズ指数は反発、大引けにかけて強含む、物色傾向はまちまち
2021年04月26日 16時02分
マザーズ指数は反落、利益確定売り優勢、直近IPO銘柄が急落
2021年04月23日 16時32分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
後場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン