個別銘柄戦略:イビデンやSansanなどに注目

2021年04月23日 09時11分

22日の米国市場では、NYダウが321.41ドル安の33815.90、ナスダック総合指数が131.80pt安の13818.41、シカゴ日経225先物が大阪日中比205円安の28915といずれも下落。23日早朝の為替は1ドル=107.90-00円(昨日大引け時は108.02円)。本日の東京市場では、バイデン大統領による株式課税強化提案を嫌気した米国株安を受けて、ソフトバンクG<9984>、レーザーテック<6920>、東エレク<8035>など昨日売買代金ランキング上位で上げた銘柄の売り直しが予想される。反面、NRI<4307>、楽天グループ<4755>、ソフトバンク<9434>など内需銘柄の一角には買いが予想される。昨日大引け後に好調な決算や増配、月次業績などを開示したプリマハム<2281>、銭高組<1811>、オービック<
4684>、品川リフラクトリーズ<5351>、ディスコ<6146>、日本電産<6594>、ニトリHD<9843>の値上がりが予想される反面、1-3月期が減益に終わった中外製薬<4519>は軟調に推移しよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたイビデン<
4062>、Sansan<4443>、弁護士ドットコム<6027>、三菱電<6503>、日本電産<6594>、日本マイクロニクス<6871>、ヤマハ発動機<7272>、リコー<7752>、丸紅<8002>、東エレク<8035>、郵船<9101>、商船三井<9104>などに注目。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
今日の注目スケジュール:GDP改定値、貿易収支、米JOLT求人件数など
2021年12月08日 06時30分
[通貨オプション]OP売り継続、リスク警戒感の後退
2021年12月08日 05時35分
12月7日のNY為替概況
2021年12月08日 05時20分
NY外為:ドル・円もみ合い、米3年債入札低調で利回りは上昇
2021年12月08日 03時53分
NY外為:加ドル買い優勢、加10月貿易黒字が予想以上に拡大&原油高
2021年12月08日 02時34分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン