東京為替:1ユーロ129円70銭台、日経平均は下げ縮小、仏ワインの生産が大幅減の可能性

2021年04月23日 12時00分

東京外為市場でユーロ・円は1ユーロ=129円70銭台で推移。仏政府機関のフランスアグリメールは、4月に発生した霜による被害で、今年のフランス国内のワイン生産量が3割近く減少する可能性があると発表した。重要な輸出品であるワインの生産減少により経済への影響が懸念されよう。

一方、東京株式市場は日経平均が240.86円安と寄り付きから下げ幅を縮小して午前の取引を終了した。半導体関連株が下げ幅を縮小していることが要因のもようだ。また、指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>が安値より1500円近く下げ幅を縮小し、相場の下支えしているようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
個人投資家・有限亭玉介:半導体関連の思惑株を軒並みチェック中【FISC..
2021年05月16日 10時00分
インド市場「様子見」の裏側で【フィスコ・コラム】
2021年05月16日 09時00分
来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC議事録、4月工作機械受..
2021年05月15日 18時59分
新興市場見通し:新興株も波乱、神経質な展開続こうが好決算見直しに期待
2021年05月15日 14時53分
為替週間見通し:ドル上げ渋りか、米大規模緩和継続の思惑残る
2021年05月15日 14時46分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン