日経平均は3日ぶりに反発、ワクチン接種加速を好感も米雇用統計前の様子見継続

2021年06月02日 15時59分

日経平均は3日ぶりに反発。祝日休場明け6月1日の米株式市場でNYダウは45.86ドル高と小幅に4日続伸。米国の成人でワクチンを少なくとも1回接種した人が5割を超えたことで、経済活動正常化への期待が高まったほか、原油価格の上昇なども背景に景気敏感株が買われた。ただ、ダウは最高値圏で上値が重く、ハイテク株は長期金利の上昇も重しとなりナスダックは軟調に推移した。本日の日経平均は83.53円安と3日続落で始まると、28565.83円まで下げた。ただ、国内でも進展してきたワクチン接種などを背景に、急速に切り返すと前場中頃からはプラスに転換。後場は先物主導の買いで一時は29000円を回復するものの、戻り待ちの売り圧力は根強く、その後は28900円台でのもみ合いが続いた。

 大引けの日経平均は前日比131.80円高の28946.14円となった。東証1部の売買高は12億4876万株、売買代金は2兆7747億円だった。セクター別では、陸運業、不動産業、鉱業、空運業、海運業などが上昇率上位となった。一方、精密機器、パルプ・紙、情報・通信業、食料品、医薬品の5業種のみが下落となった。東証1部の値上がり銘柄は57%、対して値下がり銘柄は全体の38%であった。

 個別では、月次動向が買い材料視されたKeePer技研<6036>、アムジェンと共同開発販売契約を締結した協和キリン<4151>、証券会社による目標株価の引き上げが材料視された日本製鋼所<5631>、などが大幅に上昇。「LINEマンガ」運営企業との業務提携を発表したイーブック<3658>はストップ高まで買い進まれた。今期2度目の業績上方修正が好感された内田洋行<8057>も買われた。また、トヨタ<7203>とレーザーテック<6920>が本日も大きく買われて連日の上場来高値更新となった。

 そのほか、今月21日から大学や職場でのワクチン接種が始まるなど、国内でのワクチン体制の整備進展を受けてアフターコロナ関連が軒並み大幅高となった。空運のJAL
<9201>やANAHD<9202>が3%高、陸運のJR西日本<9021>は7%高、JR東日本<9020>とJR東海<9022>も揃って5%高。そのほか、不動産業の三井不動産<8801>、三菱地所<8802>、レジャー関連のOLC<4661>、百貨店の高島屋<8233>、三越伊勢丹<3099>なども大幅に上昇した。

 一方、今期の業績予想は市場予想を上回るも戻り売りが優勢となった伊藤園<2593>
はプラスで引けたものの、方向感に欠ける動きとなり、証券会社による格下げがあった日清食HD<2897>は大幅安となった。そのほか、ソフトバンクグループ<9984>、ファーストリテ<9983>、東京エレクトロン<8035>、ソニーグループ<6758>、キーエンス<6861>、など値がさのグロース(成長)・ハイテク株や、武田薬品<4502>、第一三共<4568>、KDDI<9433>などのディフェンシブ系銘柄が冴えず、ニトリHD<9843>は4%安と大きく売られた。イーブックの「LINE マンガ」運営企業との業務提携が嫌気されたメディアドゥ<3678>は9%安と東証1部の値下がり率トップとなった。

<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は大幅反落、コロナ懸念や香港株安で500円近い下げ、1月6日以..
2021年07月30日 15時56分
日経平均は反発、香港・上海株とも堅調で安心感、SBG4%高
2021年07月29日 15時55分
日経平均は4日ぶりに大幅反落、コロナ感染や米中株安で警戒感強まる
2021年07月28日 15時58分
日経平均は3日続伸、28000円近辺で伸び悩む、米株高好感も中国株安が..
2021年07月27日 15時54分
日経平均は続伸、米株高引き継ぐも伸び悩み、28000円台維持できず
2021年07月26日 15時53分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
PR